ニュースリリース

SBIビジネス・ソリューションズからのセミナー、イベント、その他お知らせのご案内。


SBIビジネス・ソリューションズと住信SBIネット銀行が更新系API連携を活用した総合振込
サービスを提供開始
〜クラウド型経費精算システム「経費Bank」と総合振込サービスの直接連携を実現〜

2017年07月21日

 SBIビジネス・ソリューションズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:夏川 雅貴、以下「当社」)と住信SBIネット銀行株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:円山 法昭、以下「住信SBIネット銀行」)は、法人経費決済の分野で提携し、『総合振込API連携サービス』の提供を開始することとなりましたので、お知らせいたします。

 『総合振込API連携サービス』は、当社が提供するクラウド型経費精算システム「経費Bank」において生成した振込データを、住信SBIネット銀行が提供する「総合振込サービス」にシームレスに連携できるサービスです。この連携により、「経費Bank」において申請・承認された経費データを住信SBIネット銀行の「総合振込サービス」に自動転送することが可能となるため、バックオフィス業務における事務作業の削減が見込まれ、経費精算業務の生産性向上に貢献します。

 当社は、今後もSBI FinTech Solutionsグループの一員として、提携先企業とのAPI連携をはじめとした様々なFinTech関連サービスを積極的に展開しながら、顧客満足向上を目指した事業を展開してまいります。

※「総合振込サービス」とは、一度に複数件の振込を一括して行うことができるサービスです。

■サービス概要及び見込める効果

 これまでの「経費Bank」は、振込手続きを行う都度、総合振込データをテキストファイル形式で作成し、各金融機関のインターネットバンキングにログインして手動でファイルアップロードを行う手続きが必要でした。今回の連携により、住信SBIネット銀行の「総合振込サービス」を利用する際、振込データを「経費Bank」から直接転送することが可能となるため、インターネットバンキングへの手入力やデータ連携の際のテキストファイル受渡しが不要となります。転送後の振込データは、住信SBIネット銀行が提供するインターネットバンキングから確認でき、承認処理をもって振込実行することが可能となりますので、手作業による事務処理ミスの防止、事務作業に要する時間短縮、さらには適切な承認手続きによる管理・運用体制の構築を支援します。

■「経費Bank」⇒住信SBIネット銀行「総合振込サービス」連携イメージ

■サービス開始日

2017年9月以降予定
※ご利用料金等の詳細につきましては、別途お問い合わせください。

■クラウド型経費精算システム「経費Bank」の詳細は以下を参照ください。
  「経費Bank」紹介サイトURL:http://keihibank.sbi-bs.co.jp/

■当社について

会社名 :SBIビジネス・ソリューションズ株式会社
所在地 :東京都港区六本木 1-6-1 泉ガーデンタワー
設 立 :1989年9月
代表者 :代表取締役社長 夏川 雅貴
資本金 :3億1万円
事業内容:バックオフィス支援サービスの提供
URL :http://www.sbi-bs.co.jp

■住信SBIネット銀行について

会社名 :住信SBIネット銀行株式会社
所在地 :東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー
設 立 :2007年9月
代表者 :代表取締役社長 円山 法昭
資本金 :310億円
事業内容:インターネット専業銀行
URL :https://www.netbk.co.jp

リリースの記載内容は発表日時点のものです。その後、将来の製品改良等により内容が予告無しに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

****************************************
【本リリースのお問い合わせ先】
SBIビジネス・ソリューションズ株式会社 アカウンティング・ソリューション部
TEL:03-6229-0809  FAX:03-3589-7962
Email:sbi-bs@sbi-bs.co.jp
受付時間 9:00〜17:45(土・日・祝日を除く)

ニュースリリース一覧へ戻る

ページのトップへ

たいせつにしますプライバシー

当社は個人情報の取扱いを適切に行う企業として、プライバシーマークの使用を認められた認定事業者です。
個人情報保護ポリシー



以下、当サイトのナビゲーションメニューと著作権表示